るーの人かく語りき。

るーの人かく語りき。

スポーツ、ドラマ、音楽と時々雑記

いまだに人気はセリーグ優勢。地上波メディアにはスポーツ選手へのリスペクトが感じられない。

apple-デスクトップパソコン

いまだに人気はセリーグ優勢。地上波メディアにはスポーツ選手へのリスペクトが感じられない。

※改行を少しなおしました。(2019/03/03) by るーの人

前回記事の最後の段落「阪神タイガースモデルは正直かっこ良い。」でセリーグが人気なのは阪神タイガースと巨人のおかげだという話と、カープセリーグだったことはラッキーだったということに少しだけ触れましたが、今回はその続きのセリーグ人気とマスコミについて書いていきます。

スポンサードリンク
 

華やかなセリーグ。テレビ中継の威力

 なぜセリーグの方が華やかなのか、 昔のセリーグパリーグ事情を聞くと理由ははっきりと分かります。

簡単にいうと、テレビ中継の貢献が大きかったのです。特に未だに巨人が全国的な人気を誇っている理由もやはりテレビ中継。昔は本当にテレビにも影響力があったんですよね。

パリーグ関係者及びファンの方には申し訳ない話で恐縮なのですが、仮に昔の赤貧時代のカープパリーグだったらもっと・・・あまり人を集められず中継でもらえるお金も入らずしんどい状態だったと思います。

さらに言うと、中日、ヤクルト、横浜もそれぞれ人気のある球団ですが華やかなセリーグの所属ということがその人気の高さと無関係ではなかったという事情をご存知の方も多いと思います。

 「セとパの人気の差はほとんどない」・・・?

 「セとパの人気の差はほとんどない」

ここ数年、よく耳にする言葉です。本当にそうでしょうか?

いつものように現状を理解せずに報道しているんじゃないかと疑問に感じ調べてみると・・・また嘘の報道だったという結果が

嘘と分かっても特に驚きはありませんでした。ああやっぱり・・・感想はそれだけです。

メディアの皆さん、そろそろいい加減な偽情報で人を惑わすことなんてできなくなっているのであきらめてください。

パリーグも人気が出ていることは確かです。いずれ本当にパリーグセリーグの人気が肩を並べる日が来るかもしれませんね

でもね・・・・だったら実際にパリーグが追いついて、セとパの人気が同じくらいになってからそういうことは言ってくれません?

パリーグセリーグと同等の人気と錯覚させることはパリーグの方々にも失礼。

セリーグの方が人気である根拠と、実際にどれだけの差があるのかを確認するためにまずはデータを見てみましょう。

ご覧のとおりセリーグの2018年の入場者数は14,235,573人です。一試合平均も30,000人を大きく上回っています。やはり「人気のセ」は2018年現在も健在です。

セリーグ2018(観客数)
※引用:日本野球機構NPB)オフィシャルサイト(http://npb.jp/

 

次に、パリーグの入場者数ですが、11,315,146人で、一試合平均も30,000人を大きく下回っています。

パリーグ2018観客数
※引用:日本野球機構NPB)オフィシャルサイト(http://npb.jp/

 

ネットの時代へと移り、地上波の全国放送でのテレビ中継も減ってきたことと時期が重なった結果、確かにセリーグパリーグの人気は昔ほどではなくなってきました。

それでも、未だにセリーグの方が人気は高いんですよ、いつまで事実を捻じ曲げた報道を続ける気ですか?マスメディアの皆さん。

最新データから導き出されたこと。

球団別の1試合平均の入場者数に関しても、セリーグは4球団が30,000人を超え、届かなかった球団も3万人に迫る数字を残しています

一方、パリーグで1試合平均の入場者数が30,000人を超えたのはソフトバンクホークスの1球団だけで、2万人代前半の球団もあります。

この数字が示すように、未だ集客に関していえばやはりセリーグに軍配が上がります。

パリーグは確かに昔に比べて人気ですよね。でも気を緩めたら少しずつ昔のガラガラな時代に戻ってしまうのではないかと少し心配しています。

パリーグを応援しているファンの方たちが「セリーグと同等の人気」というメディアの虚言に煽られて「まあいいか」の心理に陥ったら困ったことになりそうです。

マスコミの不思議な生態

読者や視聴者を欺く行動うっとうしいです

そりゃ誰も新聞も雑誌読まなくなるし、地上波を観る人が減ってもしかたないですよね。というか・・・マスコミ関係の皆さんはいったい何がしたいのでしょうか?わたしにはそちらの方が気になります。

わざわざ自ら信用を失う行動をとっているのはなぜですか?

スポーツに関していえば地上波のテレビ局はもう必要ないんじゃないかと真剣に思っています。スカパーの方が専門性があり内容も濃いしダゾーン(※遅滞がある。)も少しずつ改善されています。

地震や自然災害、非常時の安全確保のための放送だけ一局でまとめてやってくれたらいいですよ、お疲れでしょ?

ゆっくり休んでください。別のメディアもありますし、テレビ局は入れ替えして新規参入を認めれば活性化も期待できるかもしれませんね。

アスリートに対して平気で失礼な言動を繰り返してきた歴史

古いマスメディアの一番の問題は、スポーツ選手に対するリスペクト"も"あまり感じられないことです。

リスペクト"が"ではなく、リスペクト"も"ね。

野球選手、サッカー選手への対応はまだましな方でしょう。(たまに失礼なこともありますが、気を使っているのはなんとなくわかります。)

オリンピックの代表選手や有名アマチュア選手への態度は相当ひどいです。ざっと思い返しただけでも正直イラッとする事例がたくさんあります。

常に上から目線、そして知識不足のままインタビュー、いったい何さまですか?

ここで例を挙げて細かな話はしません。なぜならひどい事例があまりにも多くあり過ぎて終わりそうにないからです。

もはやネバーエンディングストーリーはてしない物語)ですよ。(※ネバーエンディング・ストーリーという古い映画が実際にあります。) 

壮大な話ができそうです、まさにスぺクタル、って・・・笑えない。

※少し前にHDリマスターバージョンが出ました。
ネバーエンディング・ストーリー ニューマスター コレクターズ・エディション [Blu-ray]
ネバーエンディング・ストーリー ニューマスター コレクターズ・エディション [Blu-ray]ネバーエンディング・ストーリー ニューマスター コレクターズ・エディション [Blu-ray]
※by amazon
映画の話がしたくてフラストレーションが・・・

ネバーエンディング・ストーリーとは・・・
ミヒャエル・エンデの世界的ベストセラー「はてしない物語」を、名匠ウォルフガング・ペーターゼン監督がイマジネーション豊かに映像化した、ファンタジック・SFX・アドベンチャーです。

選択肢がたくさんある世の中で不快な気持ちになりながら地上波を観る意味なんてもうなくなりました

既存の古いメディアの関係者は、いい加減時代が変わったことを受け入れてください。

 

スポーツは音楽だ!・・・わたしにとってはね。

スポーツはルールがあるから楽しい、という言葉を聞いたことありませんか?

確かにトップクラスの選手がルールがあるスポーツで真剣に戦っているのを観るのは楽しいです。好きなアーティストの音楽を聴くのと同じくらい気分が良いです。

全くジャンルの違う音楽とスポーツを一緒にするなって?でもわたしにとっては別に区別がないんです、ごめんね。だから撤回はしません。

仮にずるい行為があったら、それはリアルタイムで分かるし、良いプレイも同じく一瞬で理解できる・・・スポーツにも音楽にも観ている側あるいは聴いている側にダイレクトに伝わるものがあります。

だからこそ、ましな中継、ましな解説、選手(アーティスト)やファンへのましな対応をメディアには求めてやみません

最後までお付き合いくださいましてありがとうございました。

良かったら応援してね⇒  るーの人かく語りきの読者になる。

最初の方でもお話ししましたが、今回の記事は前回の記事の後半部分です。ほんとはそのまま一気にアップしてもよかったのですが、あまりにも長くなり過ぎたことと、メディアの話に飛躍してしまったために分割しました。

関連⇒「阪神タイガースモデルは正直かっこ良い。」の部分でセリーグの人気についていろいろと語っています。

ru-nohito.hatenablog.com

また来てくださいね。のんびり更新していきます!

では、また!

その他のスポーツ関連コラム&小ネタ、小話日和

ru-nohito.hatenablog.com

ru-nohito.hatenablog.com

ru-nohito.hatenablog.com

スポンサードリンク
 
© 2018-19 るーの人かく語りき Corporation.