るーの人かく語りき。

るーの人かく語りき。

スポーツ、ドラマ、音楽と時々雑記

【まさかの小ネタ】ドラゴン加藤VS日刊ゲンダイ。松坂大輔投手移籍問題、無難な回答で危機回避。失言を引き出す手法という闇。それにしてもみんなマヒしている(笑)友情出演ダルビッシュ有さん【中日ドラゴンズ球団代表のΨ難】#マスコミ問題@るーの人

f:id:ru_nohito:20200226190441j:plain

ドラゴン加藤、無難に危機を回避する

こんばんは。るーの人です。

少し前Yahoo!のニュースを巡回してみました。

なんだかんだ月に1度くらいチラ見しにいっています。

そこで、日刊ゲンダイというわりとアサ芸的な立ち位置のゲスい記者が中日ドラゴンズの球団代表(一部では超有名)にゲスい質問をしていたのを見つけました。

ちなみにアサ芸というのは、人気YouTuberダルビッシュさんがタピオカ騒動の木下優樹菜さんと不倫相手の謎の相手「タカシ」さん問題で言及した際に食いついた雑誌です。

もっともらしい記事を書きつつダルビッシュさんの名前を利用して記事を量産する目論見をしていたというゲスさをめっちゃ濃縮させた胸やけのしそうなゲス媒体なのですが、

その後ダルビッシュさんがタピオカ騒動に対して言及するのを控えたことで、ダルビッシュさんへの延焼が回避されたという経緯があります。

にしてもダルビッシュさん巻き込まれなくてよかったですね。

あの時はどうなるのかと思いましたよ、なぜに絡むのかと頭を抱えましたからね。

わたしの言い分が通じたということではないでしょうけど、どうやらダルビッシュさんその後はスルーした様子。

よかったよかった。

あれは関わらない方が良いですから。

スポンサードリンク

※動画もあります。

ラジオ的感覚で聞き流しどうぞ。

加藤代表ロックオン

そのアサ芸に勝るとも劣らないゲスさで有名な「日刊ゲンダイ」があのドラゴン加藤をロックオンしていたのです。

何期待してんだよ、ゲスすぎでしょっていう。

ところがドラゴン加藤は無難な回答でクリア。

ミッション成功!おめでとうございます。

絶対に失言を期待していた日刊ゲンダイ

ところで失言していない!という擁護が入るのが凄いですね。

ドラゴン加藤への擁護が面白いと思いました。

あの・・・冷静に考えて、ドラゴン加藤は60歳か61歳のおっさんなのですが。

6歳の子なら、すごいね、偉いよー、頑張ったーですけど、60歳か61歳のおっさんが普通の受け答えをしたことにたいしての擁護ってなんなんだ?(笑)

たまにYahoo!に行くと面白いですね。こんなん笑うよ。

※加藤代表は、2019/10/04のサンケイスポーツの記事

“中日・加藤球団代表「非常に感謝している」 松坂が退団”で60歳(※2019/10/04の時点で)であることが確定しています。

⇒ 中日・加藤球団代表「非常に感謝している」 松坂が退団 : サンケイスポーツ

 

その悪だくみバレてんぜ、日刊ゲンダイ

Yahoo!のコメントでも日刊ゲンダイのゲスいたくらみを見抜いている方が多々いらっしゃいました。

繰り返し言いますが普通ですからね、60だか61だかの年の人が失礼のない話し方をするのは。

失言しなかったね凄い凄いと言われる60歳(もしくは61歳)というのも凄い話だ。

ドラゴンズの番記者だった、加藤球団代表

今回初めて知ったのですが、加藤宏幸球団代表は90年代にドラゴンズの番記者だったようです。

ブロガーの“ちうにちを考える”さんの“加藤宏幸球団代表、誕生の背景とは”という記事の中で説明していらっしゃいました。

⇒ 加藤宏幸球団代表、誕生の背景とは : “ちうにちを考える”さん

現球団代表代理で、その前は中日新聞社の名古屋本社事業局長に就いていたようだ。これだけじゃピンと来ないけど、我が家の書庫に眠る膨大な資料を探索したところ、なんと90年台後半にドラ番記者を担当していたことが分かったぞ


引用元:“ちうにちを考える”さん「加藤宏幸球団代表、誕生の背景とは」より一部抜粋

大変意外でした。

もともと番記者だった方が、選手に対してあんなに失礼なことを言っていたのかと驚きましたよ。

番記者のころは選手と直接接して、現場の事も分かっていたはずなのに・・・長い年月の間に偉そうな人にチェンジしていたというよくあるダメなオジサンのパターンなのかなあ。

あと五年以内にオジサンからオジイサン(高齢者)になるわけですが、好々爺コースはムリゲーくさいですね。残念。

※“ちうにちを考える”さんありがとうございました。

失言を引き出す手法という闇、内ゲバ

今回は日刊ゲンダイというゲスい媒体でしたが、これは一般紙でもよくある手法です。

加藤代表が所属していたあの中日新聞(+東京新聞)はもちろん、朝日新聞、読売新聞、毎日新聞産経新聞日本経済新聞、各地の地方紙、テレビの取材班、雑誌、ラジオどれもこれもやっています。

別に日刊ゲンダイの肩を持つわけではありませんが、日刊ゲンダイだけが特別に酷いわけではありません。

日刊ゲンダイはただただアサ芸並みにゲスくて日本人が嫌いなだけです。

政治家や芸能人、有名人に対してやているのをよく見かけますよね。

みなさん、きっと一度はご覧になったことがあるでしょう。

怒らせて失言させる ⇒ 煽り記事 ⇒ 炎上
困る質問で失言待ち ⇒ 失言したら煽り記事 ⇒ 炎上

このパターンでお金儲け、カネカネカネ。

それなりに高めの年収を得るためには人間性も捨て去ります!みたいな?

吐き気がするのは、犯罪被害者の方への態度。

わざと泣かせるような質問をしてそれを撮影していますよね。

泣かせるために傷をえぐる酷い質問
 
⇒ 泣いている遺族の映像
 
⇒ 正義づらでアナウンサーやコメンテーターが犯罪者を批判
 
わたし「はあ?ふざけてんの。何さま?」

この図式ですよ。

今回ロックオンされたのがたまたまマスコミ出身の加藤宏幸球団代表だったわけです。

さすがにやり口は知っていますから加藤代表は無難に乗りきってましたね。

しかも同じ記者出身、気が付かないわけがないでしょ。

ところで同業の加藤代表がすぐに気が付いたのは当然としても・・・

記者のみなさん、普通の人にも見透かされていますよ?

いくらなんでも一般人を馬鹿にし過ぎじゃないですかね。

やみーな感じ?マスコミ問題は根深いですね

小ネタシリーズらしく楽しく軽い感じでいくはずが、最後ものすごく深い闇な感じになってしまいました。

マスコミの問題は、そうとう根深いということなのでしょう。

にしても、犯罪被害者の方に無遠慮で失礼な態度をとる記者って一向にいなくならないですね。

アレらは(※アレでいいよね別に)どうやったら駆逐できるのかなあ。困るなあ。

最後までご覧くださいましてありがとうございました

・・・それではまた。

よろしければ高評価とチャンネル登録お願いします。

ご褒美もらえると頑張れるタイプなんでー。

良かったら応援してね。やる気出ます。
「るーの人かく語りき」の読者になる。
※この記事の動画は


※Ψ難つづきの方へ↓(コーヒーゼリーで落ち着きましょう)
マンナンライフ 蒟蒻畑コーヒー味 25g×12個×12袋
by Amazon

そのほかのYouTube関連コラム

ru-nohito.hatenablog.com

ru-nohito.hatenablog.com

ru-nohito.hatenablog.com

ru-nohito.hatenablog.com

スポンサードリンク
© 2018-19 るーの人かく語りき Corporation.