るーの人かく語りき。

るーの人かく語りき。

趣味(スポーツ観戦、ドラマ、音楽)と時々雑記

るーの人、見物す。†芸能人(&有名人)VS素人YouTuber。どの芸能人や有名人が登録者数を伸ばし、誰が散っていくのか 。Youtuberバトルが加速する。

kumachan5
kumachan5

「るーの人」見物人になる。「芸能人及び有名人のYouTube参入が活発化」

こんばんは。

野菜ソムリエの言うような冷蔵庫での縦収納ができません。 特に大きめの大根はむりむりむりのるーの人です。

芸能人及び有名人のYouTube参入が活発化していますね。

派手なドンパチが予想される中、わたしのお気に入りは大丈夫そうだ

やっぱりあれかなあ、カジサックさん。あそこから一気に加速してきました。 他には中田さん(パーフェクトヒューマンの方)、そして野球界からダルビッシュ有投手。

ダルビッシュ投手に関しては改めてお話をさせていただきますが、初めて知ったときは少々ビビりました。

Twitterで強烈な個性を発揮されているというのは、何度が回ってきた情報の端々から分かるのですが、何について議論をしているのか中身は分かりません。

盛大にドンパチやっているらしいくらいです、知っているのは。

なんかやってるなー、って感じですね。のんきですみません。

そのダルビッシュ投手がYouTubeに殴り込みかとやや身構えました、関係ないのに(笑)

何しろわたしはダルビッシュ投手に脅かされるほどのチャンネルを持っていませんから。

YouTubeは観るけれどあまりYouTuberについて詳しくない、そんなわたしでも何人かちょくちょく訪問させていただくチャンネルがあります。

野球系だと「トクサンTV」です。野球好きでYouTubeをよくご覧になる方はご存知ですよね。

素人が主体のYouTubeにあのメジャーリーガーダルビッシュ有投手が参戦となると「トクサンTV」がヤバくないか? ・・・と、一瞬思いましたが、そんな心配はありませんでした。

ざっと見る限り、トクサンTVとはぶつかりそうにないですし、ダルビッシュ投手のチャンネルはしゃべりが主体のようですから。

にしてもダルビッシュ投手、すごいなあ。あのトーク力、頭の良い方なのですね。

ところで息継ぎはいつ・・・って

いやいや。

⇒ トクサンTVの動画 www.youtube.com

YouTubeを小ばかにしていたプロや有名人が参入してくる

カジサックさんはYouTubeに真摯に取り組むという姿勢で100万登録を勝ち取りました。

中田さんは途中から真剣モードに切り替えて人気を得ました。

ダルビッシュさんは最初からYouTubeを楽しんでいますね。まるでYouTuberをするために生まれてきたようなものでしょ。生き生きとしています。

これからは、こういった名前を挙げさせていただいた方々とは別のYouTubeを心のどこかで小ばかにしていた層」がやってきます。

眼中になかった人々がYouTubeに興味を持ち始めたというのはともかく、

かなり露骨に、「え?YouTuber?へー」と軽く見ていたテレビ業界のプロも「のこのこ」と・・・失礼、マネーを求めて意気揚々とやってくるでしょう。

そもそもこれは新人YouTuberが語る内容なのか?身の程知らず

わたしのような新人YouTuberがこんなことを論じる立場にあるのかと思う方がきっといらっしゃると思いますのでその点について少しお話させてください。

むしろ、わたしのような駆け出しの新人YouTuberだからこそ言えるのだと思っています。

理由としては、わたしがまだYouTuberになりきれていないからです。

新規参入してくる芸能人や有名人、およびテレビ関係者あたりを先輩YouTuberはきっと警戒しています。

あるいは、警戒まではいかないまでもチェックだけは怠っていないはず。

そういうYouTuber目線で見る場合と、視聴者目線で見る場合とでは芸能人及び有名人の参入に対する見方がどうしても違ってきます。

わたしのような駆け出しは、YouTuberになりきれていない部分があるため視聴者目線が未だ強く残っています。

そういう立場からすると、むしろ面白い・・・ワクワクの方が強かったりします。

自覚不足の愚かさが、逆に群雄割拠を楽しめる要素になっているわけですから愉快といえば愉快ですね。

⇒ くまちゃんの動画 www.youtube.com

群雄割拠。バトルは加速する。どれが勝ち残るのかを確認するというミッション

芸能人や有名人がどんどん参入してきた場合、中途半端な素人は追いやられることでしょう。

これはたぶん多くの方が予測されていることと思います。

このチャンネル「くまちゃん(※るーの人が運営するチャンネル名、動画は下に記載)」は冷静に考えて、戦う土俵にすら上がれていないわけです。

つまり、「追いやられる素人の立場」ではないため例に挙げるには力不足ですからおいておくことにします。

ということで、わたしよりもたくさんの支持を集めていらっしゃる先輩の中から脱落者が出てくるだろうと予測します。

意外と大物一歩手前くらいのYouTuberからも落ちぶれていく方が出てくるかもしれません・・・というか、出てくることでしょう。

これらに関しては、あと何年かすれば答えは出てきますね。

ヒカキンさんはどうなるのか@HikakinTV

気になるのはトップユーチューバーのヒカキンさんですが、ヒカキンさんのような超大物は別です。

また、すこし下のいわゆる「大物YouTuber」も生き残っていけそうですね。

キビシイのは大物の一歩手前にいる結構人気者の方でしょう。

あまり人気のない方はそこまで心配する必要ないです。

嵐さんの動画でもお話した通り、「単純に芸能人や有名人だからチャンネルが伸びるわけではない」という現実をみたとき

「どの芸能人や有名人が登録者数を伸ばし、誰が散っていくのか。」

ここがいわゆる「見どころ」になってきますね。

派手な神輿を担いで戦う人々を楽しく見物して、「どれが勝ち残るのかを確認するというミッション」が我々に課されているわけです。

「分野を間違えないことの重要性」を捨て身で訴えることにします。

わたしの「くまちゃん」というチャンネルに関しては、最初の方で言っているとおり「まず土俵に上がれるように」していかなくてはなりません。

ただ、「マスコミ問題」というテーマがそもそも100万どころか努力しても10万狙えるかどうかわからない分野です。

エンタメ系とは違って、あまり楽しくない分「観てくださる方がそもそも限られてくる」わけなのですね。

別のテーマと合体させるか、もっとエンタメに振っていくのかやらなくてはならないことがたくさんあります。

言いたいことはあるけれど~
あまり人は集まらず~(※なぜかテンション高め)

最後までお付き合いくださいましてありがとうございました。

それではまた。

よろしければるーの人及びくまちゃんの応援をよろしくお願いします。

良かったら応援してね⇒  「るーの人かく語りき」の読者になる。
※この記事の動画

そのほかのYouTube関連コラム

ru-nohito.hatenablog.com

ru-nohito.hatenablog.com

ru-nohito.hatenablog.com

⇒ くまちゃんの動画 www.youtube.com

更新したらお知らせします。⇒  るーの人かく語りきの読者になって記事をチェック。
スポンサードリンク
© 2018-19 るーの人かく語りき Corporation.